旬穀旬菜ホリスティックラボ

tel.06-6359-3072

旬穀旬菜では旬の食材をいろいろおいしく楽しく召し上がっていただけれるメニューの提供と、食材の働きや野菜の効用を少しずつ知っていただくことで、皆様の健康づくりをお手伝いいたします。

からだに良い食生活というのは栄養素をバランス良く摂るために、いろいろな食材をできるだけ万遍なく食べることです。

もちろん肉や魚も大切、摂る必要がありますが、 野菜の主な働きである、ビタミン、ミネラル、食物繊維の補給が滞り不足すると、からだの機能が低下し、病気になるリスクが高まることがわかっています。

成長期にあるお子様にはこの偏りが成長不良につながる恐れもあるとも言われております。

また、この偏りを長く続けていると、健康な生活を送るうえで必要なポジティブ思考やポジティブパワーがいざというとき発揮できないのでは?と危惧します。

野菜は、からだの基本的な機能を助け維持し病気を防ぐ効用を持っています。

ぜひ積極的に摂り入れていただきたいと旬穀旬菜は考えます。

※厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350g以上です。

地産地消がもたらす美味しくて元気な食の循環を食の都・大阪に創っていきます。

季節の食材から今の自分に必要なエネルギーや栄養を「取り込む/巡らせる」からだ想いの食事をご提供します。

テル・ドゥ・ミクニのオーナーシェフ。2011年ベルサイユ宮殿で行われた「世紀の晩餐会」では、世界厳選60名のフレンチシェフの日本代表に選ばれるなど、国際的なフィールドでも活躍中。2013年11月には、フランス・トゥール大学にてフランス初、料理人への名誉博士号が授与された。
公式HP:オテル・ドゥ・ミクニ
http://www.oui-mikuni.co.jp

「食事をするということは命をつなぐことであり、健康を保つためには(食事で)何を食べるかということがとても大切である」という考え方が、薬膳の中にはあります。スマートキャンプの家庭薬膳はこの思想に基づいた健康のための食事であり、知恵であると考えています。

オリーブは、平和と繁栄の象徴として古代より人々に愛されてきた樹木です。この古木は、たくさんの方々のご尽力とご協力によって、アンダルシアよりはるばる18000キロの航海を経てここにやってまいりました。ぜひそのメッセージを体感してみてください。
ここに訪れてくれたみなさまの平和と繁栄を願って。
2013年4月26日 西畠清順

公式HP:そら植物園 http://from-sora.com/

ランチには野菜ビュッフェが新登場。美肌と免疫力には野菜が肝心です。9種アミューズの盛合せと魚、肉両方いただけるダブルメインプレートもついてお腹も大満足。

2名さまからは取り分けフレンチスタイル。お料理を囲んでワイワイガヤガヤ、きっと話もはずみます。メインディッシュは魚料理、肉料理、まるごと野菜料理からお好きなものをチョイス。アラカルトも充実。お一人様も大歓迎。